浅い呼吸では、

胸腔と腹腔を分ける筋肉の束である横隔膜が十分に

下方向に動かないので、肺が腹部へ向かって完全に

拡張しない。


その結果、細胞に酸素を運ぶ細かい血管で満ちた

肺の下部がほとんど酸素を受け取れなくなる。


不十分な酸素の取入れを補おうとして心拍数と

血圧が上昇し、心臓血管系が過剰に働く。


対照的に、深い腹式呼吸では、横隔膜が自由に

力強く下方向に動くので、肺の最下部にも

酸素を満たすだけの空間ができる。


その結果、十分な酸素交換が行われる。つまり、

息を吸う間に十分な酸素を取り入れ、吐く間に

十分な二酸化炭素を排出することができるのである。 



著書「なぜ音で治るのか?」より。

音と波動のチカラ

音楽による声、呼吸、瞑想で 緊張の緩和 感情の解放 治癒の促進

0コメント

  • 1000 / 1000